「経営計画」と「経営会議」で、年商2億円規模の企業の
事業の成長を加速します。

お電話でのお問合せはこちら
092-555-2873

福岡県福岡市南区野間1-11-25
新松嵜ビル2階(
〒815-0041

受付時間
9:00~18:00(土日祝定休日)

コラム~岡本の視点~

岡本 健一

岡本 健一

経営コンサルタント
会計を軸足においた経営管理コンサルティングで中小企業の経営改善を支援しています。

 

お客さまへのメッセージ

本編に書ききれないことをコラムにまとめました。経営の役に立つ情報になればと思います。

経営計画書とにらめっこの日々

投稿日 : 2015/06/14

私(岡本)は、常に経営計画書とにらめっこの日々を過ごしています。

経営計画書で、いったん経営の全体像と経営システムを見える化し、常に経営の手直しはないか、経営の方向は間違っていないかを、経営計画書をながめながら確認しています。

この状況は、例えば戦国時代の将軍が戦場で敵味方の布陣を書いた地図を穴があくほどみているのに似ています。名のある戦国武将でもその地図に布陣を見える化しているので、我々中小企業でも経営計画書に経営の大事なところを見える化して書き表さないと、考えがよくまとまらないと思います。

「経営計画書」のことで、確認することは、銀行に提出する財務の計画書になっていませんか?
これは経営の重要なところを書き示したものとしては不足していると思います。

また、理念集を計画書と位置づけてないでしょうか?
これもまた、経営目標を達成するための経営方針を書いたものとはずれています。

経営計画書で、もちろんそのような事は大事だとしても、もっと経営目標を達成するための、会社の強みを磨いていくための、そして、生き残るための戦略や方針を書いたものでないと力不足だと思うのです。経営計画書に付け加えて、その方針を具現化するための実行計画書と社員の日頃の活動に活かすための業務規則集もあると効果が高くなります。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

092-555-2873

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

ごあいさつ

代表取締役 岡本 健一

まずはお客様のお話にじっくりと耳を傾けることをモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。