MAS監査(経営戦略・仕組み経営・経営管理)で
経営者のビジョンにつながるワクワクを提供します。

お電話でのお問合せはこちら
092-555-2873

福岡県福岡市南区野間1-11-25
新松嵜ビル2階(
〒815-0041

受付時間
9:00~18:00(土日祝定休日)

仕組み経営とは?

人こそが最大の問題の発生源

社員に問題があるのではと、多くの企業で、社員研修・理念の唱和・人事制度の導入・優秀な人材を採用する・・・といった対策をとられます。

しかし、これらは対処療法でしかないのです。

仕組みを変えない限り、同じ問題が起こります。

問題の原因は仕組みです。

例えば、過去に司法試験の漏洩問題が起こりましたが、2007年に起きた問題が2015年にも起きました。これは仕組みが変わらなかったために、同じ問題が再発したのです。

 

日本企業をスモールビジネスのままにしている原因

  • 「手に職をつけなさい」
  • 「人間力を磨きなさい」
  • 「おもてなしを大切にしなさい」

これらが日本企業を職人型にしてしまい、いつまでもスモールビジネスのままにしている原因です。

職人型に対して、目指すべきは起業型です。

 

職人型と起業型の違い

 

  職人型ビジネス 起業型ビジネス
依存対象 人に依存 仕組みに依存
特徴

拡張できない

ビジネスの中で働く

拡張できる

ビジネスの外から働く

職人型は属人的になり、事業が大きく拡大できません。しかし、仕組みに依存する起業型なら属人的にはならず、仕組みに依存するので、事業を拡大できます。社長は仕組みが出来上がっていくよう経営していきます。ビジネスの外で働いていきます。

仕組み経営で成功した方の言葉をお借りすると、

中小・スモールビジネから人の問題を無くすことが大事。

人が失敗をするのではなく、システムが失敗するのです。

システムを作ることで、人を非難する文化がなくなります。

引用:1-800-GOT-JUNK社 創業者Brian Scudamore氏(ブライアン・スカッドモア)

仕組み経営を研究して導入するには

まずは、当社で開催している「仕組み経営の講座」をご体験ください!

米国でスモールビジネスの大家であるマイケルE.ガーバー氏が、日本の一般社団法人アントレプレナー学会に仕組み経営のノウハウの伝授を公認されています。この学会でファシリテーターの認定を受けた当社にて講座を開催しています。