キャッシュフローコーチの岡本健一が企業成長を求めている経営者の
ビジョンにつながるワクワクを応援します!

お電話でのお問合せはこちら
092-555-2873

福岡県福岡市南区野間1-11-25
新松嵜ビル2階(
〒815-0041

受付時間
9:00~18:00(土日祝定休日)

財務分解講座

受講者にはテキストをお渡しします。この回はテレビモニターで映像を見ながら進めています。

こちらでは、経営を読む目を養う「PDCA活動スタートアップセミナー」について紹介いたします。PDCA活動では、試算表や決算書よりも、企業の営業活動や製造活動などに即した経営数値を扱います。そのために、まず財務の数値を分解していく財務分解の考え方が大事ですが、それは後の方で説明いたします。

 

財務分解とは、まず、財務分解が通常の財務分析とどこが違うのかを簡単に解説致します。

1つめは、数十項目ある財務分析を網羅的に行うのではなく、実践経営に必要と思われる「最小限の項目」に絞って評価します。8項目で概ね80%の経営状況を把握できます。

2つめは、経営者が「良い経営を行う」という視点を目的としているため、大きな影響が無い限り厳密さよりも「簡単・明瞭」を優先して評価します。よって、通常の財務分析項目や計算式等をあえて簡略化しているものもあります。

また3つ目は、単に評価するだけでなく、課題解決のための深掘りの手法も体験していただきます。

なお、「財務分解」は、営業面や物づくりのプロでありながら、財務に関しては、若干自信が無いという経営者や経営幹部の皆様を対象とする講座であり、財務のプロフェッショナルに提供するものではありません。

とかく難しいといわれる財務分析を克服し、自社の経営リスクを読む力を身に付けていただきます。

 

下記の画像は、財務分解講座のレクチャーの画面です。講座で実際に使用する画面です。

講座内容

全3回コース

全3回の講座の内容をご説明いたします。

あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむめもやゃゆゅよらりるれろわ・を・ん

目標利益を獲得するために、計算と、実現の為の行動を考えます。

第1講 財務分解~採算編

財務分解/採算編

「採算」は再分解(変動損益)して読む 
〔実習〕管理会計(変動損益)を経営に役立てる
損益分岐点と目標利益分岐点
〔評価①〕借入返済可能売上高

利益6,000千円を増やす方法は?
〔実習〕管理会計によるリスク度計算

管理会計による経営リスク度分析
変動損益分析による経営検討策
〔評価②〕労働生産性
〔評価③〕総資本経常利益率

第2講 財務分解~体力&資金繰り編

「体力」は「粗分解」して読む
〔評価④〕「足腰」は強いか?
〔評価⑤〕「腕力」はあるか?
〔評価⑥〕回収支払バランス
〔評価⑦〕借入返済年数
「簿価」と「時価」、どちらが本物?
資金の切れ目は経営の切れ目
簡便法のCF(キャッシュフロー)
当座資金の確保は、「資金対策」か?「利益対策」か?
〔評価⑧〕CF計算書を読む

第3講 財務分解~課題の深掘り編

〔1/3〕売上分解 〔実習〕売上分解
〔2/3〕売上債権分解 〔実習〕売上債権分解
〔3/3〕在庫分解 〔実習〕経営改善の効果を考える
財務分解8つの評価
成長企業・3つの要件

成長企業・3つのポイント

経営陣が経営数値を読める

  • 経営リスクが分かる
  • 課題の深掘りができる

1つ目のポイントである経営を読む目を養う「財務分解」について、この講座で経営者の皆様に学んでいただきます。

経営者が将来展望を示している

  • 社員がわくわくする
  • 利害関係者が協力する

2つ目の将来展望は「中期5ヵ年経営計画立案講座」にて、経営者の皆様に実践していただくことができます。

目標達成の仕組みがある

  • タイムリーに経営状況が分かる
  • 改善の手立てが打てる

3つ目の目標達成の仕組みは「単年度計画及び達成管理」にて、実現できます。

 

「財務分解講座」は管理会計の基礎知識を体験して身につきます。ここで得られた知識は、次の「将軍の日」で数値計画でシミュレーションしたり、行動計画を立てるときに役立ちます。

また、将軍の日で立てられた計画が、絵に描いたモチにならないよう、しっかり目標の達成管理をしながらすすめる「MAS」のプログラムも用意しております。