キャッシュフローコーチの岡本健一が企業成長を求めている経営者の
ビジョンにつながるワクワクを応援します!

お電話でのお問合せはこちら
092-555-2873

福岡県福岡市南区野間1-11-25
新松嵜ビル2階(
〒815-0041

受付時間
9:00~18:00(土日祝定休日)

ランチェスター社長塾の個別講座『組織戦略』

組織がバラバラでまとまらないとお悩みの方

ランチェスター社長塾の講座を開発した竹田陽一先生

動きが早くて、強い競争力を発揮する

弱者の戦略の組織作り

~~戦略の研究熱心な社長様へメッセージ~~

 あなたの会社、組織の活力が落ちて競争力が弱っていませんか?

会社の7割が赤字になるという厳しい状況の中、活力がある組織を作って業績を良くするには、思い切った見直しが必要になっています。 

 このために作ったのが、この教材です。

 内容はランチェスター法則による「弱者の戦略原則」を組織作りに応用したもので、しかも従業員100人以下の会社に焦点を当てて作っていますから、とても分かりやすくなっています。

 活力のある組織作りの第1は、仕事に対する人員配分の見直しになります。

 業績を良くするには、まず従業員1人当たりの粗利益を多くしなければなりません。それを多くするには「直接粗利益を稼ぎ出す仕事」に、より多くの人や、仕事ができる人を優先して配置しなければなりません。

 そのためには経理や管理など、内部の仕事を思い切って簡素化して人数を少なくします。

 この2つは戦略原則の比率に従い、人件費ベースで配分するととても効率が良い組織ができます。 

 活力ある組織作りの第2は、役割分担の見直しになります。

 役割分担は従業員の人数で自動的に決まりますから、「過去の事情」を捨てて、現在の人員に合わせて決めるべきです。特に社長の守備範囲はとても広く、しかもウエイトが高いですから、社長の役割から見直さなければなりません。もし社長の役割が狂うとすべてが狂うばかりか、

組織の効率がひどく悪くなります。

 活力ある組織作りの第3は、従業員教育になります。

 従業員教育の1番目は、各人がどれぐらい会社に貢献しているか、貢献度合を分かりやすく教えることになります。これには、従業員一人当たりの年間純利益と、人件費に対する純利益率の2つがとても有効です。 

 従業員教育の2番目は、社長の経営方針を初めとして、経営で最も大事な仕事はどれとどれになり、これらに対してどう行動してもらいたいか、社長の考えを直接従業員に伝えることになります。

  こう説明すると中には「何年も会社にいるのだから、経営方針は皆分かっているはずだ」と考える社長もいるはずです。しかし経営の大事なところはとても分かりにくいですから、繰り返し何回も説明する必要があるのです。

 従業員教育の3番目は、各人の技能や質を高めてもらうことになります。各人の技能や質を高めるには、まず技能や質を構成している「仕事の種類」をはっきりさせ、次はこれらのウエイト付をしなければなりません。

 従業員教育の4番目は、自社の経営規模と仕事の内容に合ったビデオやDVDなど、教材の購入になります。

 そしてこの教材を使って社内で研修会を開くのです。

 社内研修会の進め方は、まずビデオを15分~20分見たあと、大事なところで一旦止めます。そのあと社長が各人の意見を聞きながら「ここはこうしてもらいたい」と、社長の方針を伝えるのです。こうすると社長の考えがよく理解してもらえるばかりか、各人に共通意識が出てきますから、質が早く向上します。

 これが従業員100人以下の会社の正しい従業員教育の方法になり、1,000人以上の大会社とは全く違っていますから、大会社とは違った教育の仕方をしなければなりません。

 このように、人の正しい配分の仕方、規模に合った正しい役割分担、従業員教育の進め方など組織作りの大事なところを、従業員100人以下の規模に焦点を当て、分かりやすく説明しているのがこの教材です。

 内容は辛口になっていますが、必ず役に立ちます。

 <1位作りの組織戦略DVD 目次>

第1章 経営の全体像と弱者の組織戦略
1.中小企業の利益実態
2.経営の全体像を確かめる
3.経営を構成する中心的要因とウエイト付
4.利益性の原則をはっきりさせる
5. 実行の手順をはっきりさせる
 ①組織作りの目的
 ②戦術
 ③戦略
6. ランチェスター法則
7. 弱者の組織戦略
第2章 経営の構成要因と仕事に対する人の配分
1. 仕事に対する人の配分
2. 卸売業は販売業務と経理業務が中心になる
3. 飛行機で使用するプロペラの構造が役立
第3章 組織の階層と役割分担
1. 4人の部下を持つ人は伍長
2. 戦術リーダー。小隊長
3. 部長型リーダー
4. 従業員の人数と組織の階層
 ①平屋建組織
 ②2階建組織
 ③3階建組織
5. 経営規模で変わる社長の役目
第4章 人事・教育・賃金(その1)
1.大学の実態調査が教えるもの
2. 社長も同じ結果になる
3. 実態調査が出した価値ある教訓
戦術リ-ダ-の条件。
従業員を採用するときの注意点
    人事・教育・賃金(その2)
5.従業員の素質を考える。
6. 教育テーマと教育スケジュールを決める
7. 良い教材を準備
 ①規模に合った教材を選ぶ
 ②業種に合った講演や教材を準備
 ③内容のレベルが高い教材を選ぶ
8. 寺子屋式の教育法を実行
 山本五十六元帥の教訓
9. 教育回数を多くする
10. 実行者はこれをほめる
11. 昇進制度を決める
12. 賃金制度を決める
全体のまとめ