キャッシュフローコーチとは、経営数字を使って、経営者の本業の発展に貢献するコーチです。

キャッシュフロー経営セミナー

キャッシュフロー経営セミナーのダウンロードはこちら
 ⇒ CF経営セミナー 案内チラシ 20170724

経営者は1人で考えるのは、実行が遅くなります。
私自信の経験上、社長1人で新規事業を発想して、そのアイデアに対して、
いろんな角度から吟味して、質問して、採算が取れる事業なのかソロバンで計算して、
採算がなければ、経費を見直し、粗利率を見直し、・・・・といった思考プロセスを続けるのは、
はっきり言って、きついです。面倒で、ついつい後回しにしてしまいがちです。

これを大きなスパンで見ると、
仮説⇒実施⇒検証⇒修正といったPDCA(またはPLAN・DO・SEE)という経営サイクルを
1人で回すのは、しだいに回さなくなり、今日の現場の忙しさに追われてあっという間に一年たってしまうことになります。

なので、私は外部の経営コンサルであったり、税理士だったり、webコンサルであったりと相談できる人をつくり、
月に1回、一定の時間を設けて、毎月経営会議を実施するようにしていました。
そういう時間をわざわざ設けることによって、やっと、PDCAがやっとまわりだし、
つまり、こうすれば集客できるのではといった仮説を実践し、検討し、ブラッシュアップできるよう修正し、
また実践するという一連の思考と行動を回し始めました。

社長1人でやるよりも、相談相手に聞き役になってもらって、思考と行動を進める方が
楽だと思いました。

このような結果、PDCAの経営サイクルが高速回転し、
事業も加速度をあげて進めることができるようになりました。

このような経験から、世の社長は1人で考えているのではないかと思うようになり、
その相談役になれればと思うようになりました。

キャッシュフローコーチとして、
ソロバンをはじきながら、聞き役になり、社長の思考の高速回転を助け、
社長の事業が加速度を上げて、すすめるようお助けできればと思います。

そのような経営会議の時間を月に1回、12ヶ月続けた会社は
そうでない会社と、明らかに事業発展のスピードが違いますし、
業績にも大きな差が開くとおもいます。
1年経ったあとの、残った利益、残った資金、減った借入金、
かなりの差だと思います。

キャッシュフロー経営セミナーのダウンロードはこちら
 ⇒ CF経営セミナー 案内チラシ 20170724

お気軽にお問い合わせください。 TEL 092-555-2873 受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © タスクサポート株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.